やってはいけないこと


自分で車を整備するのが得意な人は、他の人の整備をやりたいという気持ちが、出てくる人もいますが注意点があります。いくら整備が得意だと言っも、特別な資格を持っていたり、プロでない限りは万が一という事がある事を頭の片隅に置いときましょう。整備引き受けたものの、整備の途中でどうしても自分では解決できなくなってしまったり、いじり壊してしまう事も考えられます。このような場合になってしまった時には信用問題にかかわるので、人間関係がこじれてしまう可能性もありますので注意が必要です。また取り付け後、何か不具合が出てしまった場合はクレームを言われてしまうかもしれませんのでできないことを安請け負いしないようにしましょう。

 

万が一途中で整備につまづいてしまって自分ではできないという場合には、相談してからプロの整備士がいる整備工場の方で取り付け依頼しましょう。意地を張ってしまいできない事を無理やりやってしまうとトラブルの元です。今はインターネットでパーツを安く購入する事ができますから、整備代を安くする事が可能です。ですが、取り付けに失敗して購入したパーツを壊してしまうと新しくまた購入しなければならなくなりますから、結果的に高くついてしまう事になります。自分の技量に合った整備を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。