塗装の基礎知識


自動車のボディには元々は焼き付け塗装が施されていることが一般的になります。自動車を購入後に自分好みにドレスアップと称してカスタマイズを行う方も数多くいます。その中には塗料を用いてペイントすることも行われるケースもありますが、その基礎知識としては、素人が本人で施工する場合では、ホームセンターやカー用品店などで販売されている、缶タイプのスプレーを用いることが広く行われています。

 

現在では車種によって近似色が販売されていますが、お店によっては自動車の色番号によって、正確なカラースプレーを製作する技術も構築されています。車種やカラーによっても異なりますが、一般的に自動車のボディに対して塗料を吹き付ける場合では、下地を整えることが必要になります。例えば洗車をすることは勿論ですが、ワックスなどが掛かっている場合では、全てを除去しておき、耐水ペーパーなどで表面を荒らしておくことも良い方法です。その後は下塗り剤を塗布することが必要で、その上にカラースプレーを施工します。さらにメタリックカラーなどの場合では、クリアラッカーなどを吹き付けることも必要になります。一般的な修理工場で使用されている塗料とは異なるものなので、焼き付けに関しては素人では基本的には難しい部分となります。

コメントは受け付けていません。