自分好みのマイカーにカスタマイズ


自動車を改造することはそのまま違法行為を意味する時代があり、今もイメージが悪いのですが、現在は安全性や保安基準を確保して、きちんと申請することが容易になり、そういう合法的なカスタマイズも増えてきています。そして個人でモノコックボディの変更やエンジンの載せ替え、用途の変更など大掛かりなものも自分好みにカスタマイズする人も増えてきています。そういう大掛かりな物でない、部品の交換などであれば、申請も必要ない場合が多く、自由に楽しめるようになっていると言えます。比較的容易なボルトオンの部品の変更は基本的に申請が必要ないことになっており、結果として全長や車重が変わっても一定の範囲内であれば構造変更検査も必要ないとなっています。

 

つまり申請の必要がないケースが非常に多くなっているということです。具体的にはマフラーの交換は問題ありません。ただし触媒等の取り外しは駄目ですし、音量も基準がありますが、新車時と同じでなければならないと言うわけではありません。またSUVなどに好んで取り付けられるキャリアやガードバーなども車体の寸法の変更を申請しなくていいことになっています。灯火類の追加も保安基準に適合しているかどうかだけが問題で申請は必要ありません。かなり自由が認められるようになってきていますので保安基準を守って自分好みに楽しくカスタマイズするとを楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。